鉄道好きにオススメ!幌内駅跡に作られた三笠鉄道村 - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    鉄道好きにオススメ!幌内駅跡に作られた三笠鉄道村

    三笠鉄道村の展示車両
    三笠鉄道村の展示車両


    今月のなかばで、秋の気配が近づいてきた頃。

    三笠鉄道村「幌内ゾーン」に訪れました。
    鉄道車両の展示やSLの体験乗車など、鉄道好きにとっておいしい場所です( ̄▽ ̄)


    三笠鉄道村の駐車場に置かれた車両その1


    三笠鉄道村の駐車場に置かれた車両その2


    三笠鉄道村の道路向かいにある駐車場にも、なんと鉄道車両が!
    初っ端からやってくれますね~(^^)


    三笠鉄道村の看板


    鉄道車両で出来たラーメン屋


    鉄道車両を使ったラーメン屋ですw

    経費節減でおにぎりを持ってきていたので、ここでは食べませんでしたが、
    こういった場所での食事は楽しそう(´∀`*)


    三笠鉄道村の様子ですが、今回は動画を撮っていました!
    なので、そちらを御覧ください♪





    おすすめポイントの紹介はたびねすの旅行ガイド記事で書きましたので。
    このブログでは、幌内線の歴史について軽く触れてみます。

    まあ、あくまで軽くですが(笑)



    幌内線の前身は官営幌内鉄道で、開業したのは1882年(明治15年)のこと。
    手宮線などと同じく、北海道で最も古い鉄道の一つです。

    鉄道が開業した理由は、例のごとく炭鉱から算出された石炭の輸送のため。
    その炭鉱の名前は幌内炭鉱です。

    その後、1889年(明治22年)に北海道炭礦鉄道による営業へ。
    1909年(明治42年)には、ついに国有化されて国鉄幌内線となりました。


    そして、1987年(昭和62年)に国鉄民営化にともなって廃止
    廃止の理由は・・・詳しく触れるまでもありませんね^^;
    炭鉱が衰退したら、生き残るのは至難の業です(;´∀`)



    ちなみに、現在の三笠鉄道村の場所に昔あった幌内駅周辺について、現在と過去の違いをこちらの地図から知ることが出来ます。

    → 昔の写真を見る

    ・・・昔に比べると、なんと家屋が減っていることか(汗)
    いや、1975年当時ですでに、全盛期に比べると家屋は減っていたんでしょうが・・・

    諸行無常を感じずにはいられません。



    P.S.

    三笠鉄道村「幌内ゾーン」の旅行ガイド記事はこちらになります。
    → 廃線跡でSL乗車!北海道・幌内線跡に作られた「三笠鉄道村」








    ■幌内線跡周辺や岩見沢で人気のある宿



    三笠天然温泉 太古の湯 別館 旅籠(はたご)





    岩見沢ホテル5条





    スパ・イン メープルロッジ



    → その他の宿を探す




    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    No title

    炭鉱のあった街はどこも寂しさが漂いますね~
    急激に発展して同じぐらい急激に衰退してますからね
    国鉄が民営化されてなくても、廃線された運命かもしれません(;´д` ) トホホ
    車両のことはあまり詳しくないのですが、ラーメンは是非食べてみたい。。。。w

    新幹線が札幌まで延びたら、函館本線等はどうするんですかね。江差線はすでに江差に行かないし。。。
    第三セクターの嵐が道南に吹き荒れるのだろうか。。。

    2014-10-01 00:12 | from ばるさろ

    Re: No title

    炭鉱で栄えた街の衰退は、
    国鉄があっても変わらなかったでしょうね。

    僕も車両については詳しくないですw
    もっぱら撮り鉄と乗り鉄なんで(笑)

    第三セクターと聞くと、
    経営悪化 → 廃止
    のネガティブコンボしか思いつきません(;´Д`)


    > 炭鉱のあった街はどこも寂しさが漂いますね~
    > 急激に発展して同じぐらい急激に衰退してますからね
    > 国鉄が民営化されてなくても、廃線された運命かもしれません(;´д` ) トホホ
    > 車両のことはあまり詳しくないのですが、ラーメンは是非食べてみたい。。。。w
    >
    > 新幹線が札幌まで延びたら、函館本線等はどうするんですかね。江差線はすでに江差に行かないし。。。
    > 第三セクターの嵐が道南に吹き荒れるのだろうか。。。

    2014-10-01 08:36 | from おかぴー

    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/94-3aed734c


    スポンサーリンク