これぞ旅の光景!富良野線の学田駅 - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    これぞ旅の光景!富良野線の学田駅

    富良野線の学田駅
    富良野線の学田駅


    ローカル線の駅は不思議なもので、そこに訪れると「旅をしている」という気分がより一層強まります。

    5月という北海道ならではの遅い春を迎えた頃、富良野を車で走っている際にふと、簡素な駅を見かけました。
     

    学田駅のホーム


    ここは富良野線学田駅(がくでんえき)
    富良野駅から北にあり、次の駅となります。

    市街地からそれほど離れているわけではありませんが、周囲の風景はまさにのどかの一言。


    学田駅のホームと鉄路


    板張りのホームとバス停のような駅舎


    田舎にある簡素な駅の特徴である、板張りのホーム
    バス停のような駅舎もまさにピンポイントです。


    富良野方面へ続く鉄路


    ローカル線なので、複線ではなく単線となっています。

    奥に見えるのは、富良野西岳(ふらのにしだけ)芦別岳(あしべつだけ)
    5月撮影とあって、まだ残雪が目立っていましたね~。

    駅周辺にてしばし過ごす、マッタリとしたひととき。


    少し時間が経つと、駅のホームで富良野とは反対方向からは、なんと学田駅に近づいてくる列車が!

    これはぜひ写真を撮らなければと一度カバンに入れたカメラを取り出します。
    レンズを外していたためやや手間取りましたが、急いでカメラを構えました(苦笑)


    学田駅ホームへと入ってくるワンマン列車1


    学田駅ホームへと入ってくるワンマン列車2


    けっこう近づいてからの撮影ですが、間に合いましたε-(´∀`*)ホッ
    列車が停止している間、こんどは望遠レンズで撮影しようと再びレンズ交換。


    富良野方面へ向かうワンマン列車1


    富良野方面へと走り去るワンマン列車
    ゆったりとしたスピードで走っていきます。


    travel1126.jpg


    travel1127.jpg


    富良野線の鉄道風景


    ローカル線の風景


    あの列車に乗っている人たちは、富良野で降りるのだろうか。
    それとも、そのまま十勝や釧路の方面へ向かうのだろうか・・・?


    陽炎で揺らぐ鉄路1


    陽炎で揺らぐ鉄路2


    列車が通りすぎた後に残るのは、陽炎(かげろう)で揺らぐ鉄路の風景。

    ふとしたタイミングで見つけた、旅の光景でした。
    こういった偶然も旅の醍醐味です^^




    大きな地図で見る




    ■富良野にて人気のある宿


    ホテルナトゥールヴァルト富良野




    フラノ寶亭留




    かなやま湖ログホテルラーチ



    → 富良野におけるその他の宿を探す




    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/80-80863b70


    スポンサーリンク