わたらせ渓谷鉄道で神戸駅・間藤駅へ訪問 - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    わたらせ渓谷鉄道で神戸駅・間藤駅へ訪問

    間藤駅
    間藤駅の駅舎


    わたらせ渓谷鉄道で高津戸峡へ紅葉狩りの続きです^^

    高津戸峡で紅葉を見た後、
    わたらせ渓谷鉄道で大間駅から
    足尾方面へ移動しました。
     
    わたらせ渓谷鉄道では
    トロッコ列車が運行されており、
    窓ガラス越しでなく直接、
    外の景色を楽しむことができます。


    ただ毎日運転されているわけではなく、
    また乗るためには整理券を
    購入する必要があります。

    僕は整理券を購入していなかったので、
    普通の列車に乗りました^^;


    足尾方面へ向かう途中、
    神戸駅で数分間の停車時間があったので、
    列車を降りて駅構内の歩道橋から
    写真を撮影。

    ちなみに駅名の読み方は「ごうどえき」です。
    「こうべえき」と呼んでしまいそうですが(苦笑)


    神戸駅


    神戸駅


    上から1枚目の写真が足尾方面で
    これから向かう方向、
    2枚目が桐生方面でここまで来た方向です。

    ちなみにこの神戸駅は駅構内に、
    レストラン「清流」が鉄道の車両で
    運営されています。

    わたらせ渓谷鉄道に乗る予定の方は、
    ここで食事していってみると、
    よりこの鉄道を楽しめると思います。

    僕はレストランに寄る時間を
    確保していなかったので、
    すぐに列車で移動しました(;´∀`)


    車窓の景色は撮っていませんでしたのでヾ(・∀・;)オイオイ

    終着駅である間藤駅の紹介です。


    駅構内に、
    簡易的な展望台みたいなものがあったので、
    そこに上って写真を撮影。


    間藤駅


    間藤駅


    駅舎の写真ですが、
    周囲の景色が淋しいですね・・・

    まわりの山々は禿山が多いので、
    なお拍車がかかっています。


    駅には、間藤駅の歴史
    紹介された看板がありました。


    間藤駅の説明


    わたらせ渓谷鉄道の前身は国鉄足尾線で、
    あの有名な足尾銅山から産出された銅の貨物輸送に
    活躍していた模様。

    その後、JR足尾線になったのですが、わずか2年後に第三セクター化してわたらせ渓谷鉄道に。

    JRだった期間が随分と短いです・・・(汗)


    間藤駅の先には足尾本山駅があったのですが、
    昭和62年(西暦1987年)にてJR移管の前に
    貨物輸送の終了によって休止駅となり、
    平成元年(西暦1989年)の第三セクター化の際に
    廃駅となりました。


    間藤駅周辺


    間藤駅周辺


    間藤駅周辺


    間藤駅周辺


    間藤駅の駅前通りを
    軽く歩いてみましたが、
    閑散とした光景です。

    昔はこの通りも賑わっていたのでしょうか。
    そう考えると、時の流れを考えてしまいます。

    ただ、周囲に見える禿山や
    過去の鉱毒事件を考えたりもするので、
    複雑な気分ですが・・・


    間藤駅


    間藤駅のホームに戻り、帰りの列車を待ちます。

    今回(といっても、この記事の作成時から2年2ヶ月も前ですが^^;)は
    列車に乗っただけでしたが、
    いつか周囲の施設を訪れてみたいと
    思っております。

    まあ、数年以内には来れるでしょう(苦笑)


    今回の一人旅は以上です。


    それではまた!



    大きな地図で見る


    大きな地図で見る




    ■わたらせ渓谷鐵道のスタート地点、
     桐生における宿泊施設



    パークイン桐生





    庭の、桐生エースホテル





    桐生 ホテル桐盛館



    → 桐生・渡良瀬における他の宿を探す



    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/7-bb0c0dad


    スポンサーリンク