飯田線に乗って山村へ!天龍村で山間の息吹を感じてきました^^ - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    飯田線に乗って山村へ!天龍村で山間の息吹を感じてきました^^

    湯谷温泉駅ホーム
    早朝の湯谷温泉駅ホーム


    湯谷温泉にて早朝の散策を終えたあと、
    列車に早く乗るため、湯谷温泉駅へと向かいました。

    前回の記事でも触れましたが、
    飯田線はこの辺りだと停車本数が少ないため、
    ダイヤを把握して行動しないと痛い目にあいます(;´∀`)
     
     
    2012年秋の10泊11日-鉄道一人旅、第16回目。
    旅の7日目となります。



    さて、鉄道好きの方は御存知の通り、
    飯田線秘境路線として有名です。

    大嵐駅以降は天竜川に沿って、
    渓谷を進んで行きます。

    ・・・どのような景色なのかというと、
    以下の様な感じです。


    飯田線の車窓から眺めた天竜川
     
     
    お分かりいただけただろうか(笑)

    この路線では、
    「こんな場所で人が降りるのか??」
    という駅がたくさんあります。

    好きな人は好きな、秘境駅です( ̄▽ ̄)


    僕も、秘境駅には憧れを抱いてましたが・・・

    旅のスケジュールの関係もあって
    秘境駅探訪はしませんでした^^;


    そのかわりに訪れたのは、
    比較的大きな平岡駅という駅。

    天龍村を散策するために下車しました。

     
    平岡駅ホームから天竜峡方面を眺めて
     
     
    山間の集落というものを味わいたくて訪れましたが、
    かなりマイナーな趣味ですw
     
    駅舎の方を向いてみると・・・

     
    ふれあいステーション龍泉閣
     
     
    秘境路線とは思えないような、立派な建物がΣ(゚Д゚)

    この建物はふれあいステーション龍泉閣といい、
    天龍村の観光拠点として機能しています。

    建物内にはレストランがあり、
    また温泉に浸かったり宿泊したりすることもできます^^
     
     

     
     
    一人旅の計画当初は
    ここに泊まろうと考えていましたが、
    すでに予約が満杯でした(T_T)

    そのため、湯谷温泉に
    宿泊先を変更したという経緯があります。


    駅を出たら天龍村の散策ですが、
    その様子は動画で御覧ください( ̄▽ ̄)
     
     



    個人的な感想ですが、
    夏休みに子供が訪れて遊んでいる光景を
    イメージとして思い浮かべました^^


    山村なので、当然ながらスーパーはなく、
    お店は小さな商店だけ。

    ここでも、「昭和」の残り香が(*´∀`*)


    山間の自然を感じたい方、
    子供の夏休み気分を味わいたい方、
    過去にタイムスリップしたい方は、
    ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。


    ちなみに、先ほど紹介した
    ふれあいステーション龍泉閣のレストランで
    食事を使用としたんですが・・・

    この日は、月曜日でして。


    月曜日は定休日でした(TдT)


    ・・・ここを訪れる方は
    曜日にご注意ください(´・ω・`)ショボーン



    以下はおまけ写真(笑)

    平岡駅を出発した後、
    天竜峡駅で下車し、周辺の景色を撮影しました。

    駅名の通り、天竜峡の写真です^^


    天竜峡の景色
     
     




    今回は以上となります。

    この後、引き続き飯田線に乗って
    長野県を北上していきました。

    次回は、駒ヶ岳ロープウェイに乗って
    千畳敷カールへ登ります^^

    それでは!




    大きな地図で見る




    ■飯田・天竜峡での人気宿泊施設



    花薫る宿 よし乃亭





    ホテルニューシルク





    静かな渓谷の隠れ宿 峡泉



    → 飯田・天竜峡での他の宿泊施設を探す





    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    飯田線

    こちらには初めてコメントします。
    飯田線、とても個性的な路線ですよね。ローカル線としての営業距離の長さ、なぜか電化されている。そして駅の数が非常に多い。大判時刻表でもページ独占ですからね(笑)
    天龍村といえば、何年か前町並取材のかたわらに秘境駅&難読駅で知られる為栗駅を訪ねました。聞くところによるとここを訪ねるツアーもあるとか。

    またおじゃまします。

    2014-05-09 22:24 | from 孫右衛門(mago)

    飯田線水窪より

    平岡へ行かれたのですね。
    天龍村は長野県の鳥ブッポウソウの営巣地として(鳥見する者には)有名です。
    また、秋には鶯巣は長野県で一番早い桜開花地。高齢の御爺さんがコツコツ植えた天竜川沿いの並木は圧巻ですよ♪

    2014-05-10 09:49 | from 高木章雄 | Edit

    返信 to 孫右衛門(mago) さん

    コメントありがとうございますm(__)m

    飯田線はその駅の多さにビックリさせられましたね(笑)
    そして、その運行距離の長さ^^;

    秘境路線であるだけでなく、色んな意味で個性的だと思います。

    「為栗駅」って、確かに最初から「してぐりえき」と読めませんよね(;´∀`)
    機会があればいつか、その駅も訪ねてみたいです。
    そのツアーはおもしろそうですね^^

    次回の訪問、お待ちしておりますm(__)m

    2014-05-10 10:46 | from おかぴー

    返信 to 高木章雄さん

    鳥の知識はなかったんで、情報ありがとうございますm(__)m

    高齢の御爺さんがコツコツ植えたと聞くと、
    桜の並木にさらなる味わいが加わりますね~

    その桜並木は気になります^^

    2014-05-10 10:58 | from おかぴー

    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/39-ae89b769


    スポンサーリンク