大井川鐵道に揺られて(前編) - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    大井川鐵道に揺られて(前編)

    金谷駅の駅舎
    金谷駅の駅舎


    ・・・2012年秋の10泊11日-鉄道一人旅。
    ようやく、記事を再開しますww

    大井川鐵道の始発駅である金谷駅から開始です!

    熱海駅からJR東海道線で、
    金谷駅まで2時間かけて移動しましたw


    大井川鐵道に乗るのが、この日の目的です(^_^)


    2012年秋の10泊11日-鉄道一人旅、第11回目。
    前回に引き続き、旅の5日目です。



    スタートの写真を見ていただけるとわかる通り、
    始発駅だからといって、
    豪華な造りというわけではないです^^

    まあ、この一人旅は
    都会的な雰囲気とは真逆のものを求めてたんで、
    大歓迎ですがw


    静岡は通過したことはあるものの、
    しっかりと訪れたことがありませんでした。


    というわけで、今回の一人旅で
    初の静岡県上陸です!




    ・・・初、だったよなあ(汗)


    前に会社の慰安旅行で訪れたかな?

    ちょっと記憶が定かでありません・・・


    金谷駅の入口前


    出発まで時間があったので、
    駅周辺を散策してみました。


    当然ながら地理に詳しくなかったので、
    地味にワクワクしながら歩くのを開始ですww


    長光寺へと続く階段


    金谷坂町へと続く上り坂


    線路の橋の下を通り、駅から反対側へ。


    後で調べてわかったことですが、
    階段の上には長光寺というお寺がある模様。

    その隣には・・・歯科医院があります。


    不思議な組み合わせですね( ゚д゚)ポカーン



    住宅地の雰囲気が素朴な感じでした。
    町名は金谷坂町です。

    僕が想像していた、
    昔ながらの日本の景色にすごく近いですw



    ちょっと坂の上に行ってみたかったんですが、
    そちらに行くと時間がかかりそうだったので、
    あえなく引き返しました(笑)


    一人旅といえど、
    完全に時間の制約がなしとはいきません^^;



    再び線路下を通って駅側に行き、
    今度は金谷新町側へ。


    巌室神社の鳥居


    駅から国道473号線を挟んで、
    向かいに鳥居がありました。


    この向こうには、巌室神社があります。

    もちろん、訪れた当時は知りませんでしたが(苦笑)


    気になったので、歩いていくことに決定。


    巌室神社の駐車場


    金谷新町


    やっぱり、雰囲気が北海道とは違うw
    なんというか、日本っぽいです。


    こういったことを感じるのは、
    道民ならではのさりげない楽しみだと思います^^


    ・・・まあ、僕だけかもしれませんが(笑)


    続いて、巌室神社の方へ向かう階段を登っていきます。


    巌室神社


    緑がいいです・・・


    木々に挟まれながら階段を登った先には、
    神社が見えます。


    木々に覆われた感じがまた素晴らしい^^

    何か恩恵を受けている気持ちになれました。


    こういう前知識なしの状態での発見は、
    一人旅の嬉しい側面です(笑)


    ちなみに、お参りしたかどうかは
    何故か忘れてしまいました(汗)


    罰当たりな男でございます・・・




    時間を潰した後、
    金谷駅に戻って列車の出発まで待ちました。



    そして・・・大井川鐵道にいよいよ乗車です(^^)


    ここから大井川鐡道の景色の数々を、写真で紹介・・・・・・!

    ・・・といきたいところなんですが。



    写真、撮ってませんでした(゚Д゚ )ォィォィ



    いや、ただぼ~っとしていたわけではないんですよ(汗)
    撮影行為自体はしてました;^_^A

    “動画”を撮るのに集中してしまって、
    写真の方をカメラに収めてなかったんです。


    そんなわけで・・・動画を紹介いたします(苦笑)





    ちなみに、青部駅からは徒歩だったので、
    ちゃんと写真も取りました^^;


    動画を見たら事足りる、という方も
    いらっしゃると思いますが、
    せっかく撮った写真なので紹介していきます(笑)


    青部駅ホームから眺めた千頭方面の景色


    青部駅ホームからの千頭駅方面の眺めです。
    見ての通り、この日はいい天気でした。


    今回の鉄道一人旅ではここで下車し、
    千頭駅まで歩いていくというのが当初からの予定です。

    途中で、崎平駅に寄るという目的もありましたんで^^


    青部駅の駅名標


    青部駅の駅舎


    奥に見えるのは青部駅の駅舎。
    僕の好きな、趣きのある木造駅舎ですw

    古くて渋い感じがいいですね(*^^*)


    ホームと駅舎が離れていますが、
    昔は間に線路があったとのこと。


    駅は、時間の経過とともに姿を変えていきます。


    青部駅ホームから眺めた金谷方面の景色


    青部駅近くから眺めた金谷方面の景色


    金谷駅方面を、駅ホームとホーム手前の踏切から撮影。
    生い茂った木々の中から列車が出てくる光景が、想像できます。


    青部駅の木造駅舎


    別のアングルから撮った青部駅の木造駅舎


    そういえば、駅舎内を撮影していませんでした・・・
    せっかく一人旅で訪れたのに、惜しいことをしたものです^^;


    travel0335.jpg


    目の前には山々が広がっており、
    自然が身近にある駅だと実感します。


    写真には残ってませんが、
    この道を電線の向こう側に進んでいくと、
    大井川の上を吊り橋が架かっています。


    動画にはその時の映像が残っています(^^)


    ただ、僕は吊り橋の手前で
    引き返しましたが。



    ・・・吊り橋をわたっている際中に
    ハチに襲われたらどうしよう、などと
    怯えていたためです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




    相も変わらず、臆病な男です(´・ω・`)



    青部駅を後にしてからは、
    すでに上でも触れている通り
    崎平駅に寄って、千頭駅へと向かいます。


    1時間くらいかけて、
    えっちらほっちらと歩いていきます^^



    それでは、次回の大井川鐵道に揺られて(中編)に続きます。


    ・・・はい、大井川鐵道の話は3部構成です(笑)
    結構なボリュームだったのでw


    それでは!




    大きな地図で見る



    大きな地図で見る




    ■金谷駅に近い掛川駅周辺での、人気の宿



    天然温泉茶月の湯 ドーミーイン EXPRESS掛川





    ホテル アイシス掛川





    くれたけイン掛川



    → 他の宿泊施設を探す





    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    No title

    おお~ 再開ですね!
    大井川鉄道はローカル線好きには有名ですが
    実家が静岡のオレにとっては いつでも行けるからいいや。。。と ちょっと軽く見ていましたw
    青部駅いいですねぇ 木造駅舎はなかなか残ってないので貴重!町並みは地方色が結構出るので、町歩きは旅の大きな目的!静岡はあまり特色がないような。。。w
    あの駅には行けたのかな!先が気になる~
    SLも良いですが オレ的には京阪の車両もノスタルジック!!車両には詳しくないんだけど もしかしたらテレビカーだったやつかも!

    2014-02-01 23:23 | from ばるさろ

    返信 to ばるさろ さん

    さっそく記事を見て下さり、
    ありがとうございますm(__)m

    やはり地元の方は身近なんで、
    あまり気にならないものですよねw
    僕は北海道出身なんで、
    あの昭和の色を残した景色が新鮮でした(笑)

    本当に地方色が出ています(^^)

    青部駅の木造駅舎は
    中を見ておけばよかったなあと
    若干後悔しています(苦笑)

    青部駅の後は崎平駅に寄って、その後
    千頭駅へと向かいます。

    その後は、当然ながら
    南アルプスあぷとラインに乗車ですw

    あ、ちなみに僕も車両については
    全然詳しくないです(笑)
    SLの型番を言われても、
    頭が「?」状態ですww

    2014-02-02 12:38 | from おかぴー

    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/29-b6363bf6


    スポンサーリンク