長瀞駅からライン下り乗り場まで - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    長瀞駅からライン下り乗り場まで


    長瀞駅の川下り乗り場へ一人旅


    2012年秋の10泊11日-鉄道一人旅、第3回目。
    旅の3日目となります。

    今回の記事では、秩父を紹介いたしますm(__)m
    2~3回くらいの記事になる予定です。
     
    以前に訪れたかったけれど、
    時間の都合で断念した場所への訪問なので、
    当日はかなり楽しみにしていました。


    前日は「銚子電鉄→東京スカイツリー」の流れで観光した後、
    JR高崎線で深谷駅まで行き、
    深谷駅周辺のビジネスホテルで一泊。


    この日は秩父鉄道に乗って秩父方面へ向かうため、
    まずは高崎駅まで移動し、
    そこでJRの改札を出て、
    秩父鉄道のホームへ向かいました。

     
    高崎駅にある秩父鉄道のプラットホーム


    2年ぶりに訪れたプラットホーム。
    以前は特急に乗って秩父方面へ向かいましたが、
    今回は普通列車で移動です。

    一日乗車券を買おうとしたのですが、
    残念ながら変えるのは休日のみ(汗)


    平日も販売してほしいと思いますが、
    需要がないんでしょうかね・・・


    出だしでちょっと想定外でしたが、
    数千円とか使うわけではないので、
    気を取り直して出発です(^_^;)


    波久礼駅のプラットホーム


    波久礼駅で列車が停車している間に、
    進行方向の写真を撮影。
    駅に取り残されないよう、
    急いでカメラに収めた一枚です。


    まだ10月の前半なので、
    紅葉の気配はありません。

    2年前に車窓の景色を眺めた時は
    紅葉のシーズンだったため、
    寄居駅を過ぎてからの荒川沿いの紅葉が
    なかなかの見ごたえでした。



    波久礼駅を出発し、2駅ほど通過すると、
    目的の長瀞駅に到着です。


    長瀞駅構内にある看板


    長瀞駅のホームに立つ、「天下の勝地 ながとろ」の看板
    なかなかの達筆です。
    木造なのがやはり雰囲気を出しています。


    長瀞駅から眺めた秩父方面の景色


    先ほどまで乗車していた列車は、秩父方面へ。

    遠くに広がる山々が目に入り、
    まだ夏は終わっていないんだなあ、と感じました。


    長瀞駅の木造駅舎


    鉄道ファンにとっては嬉しい、木造駅舎
    ここに寄ってみたかった理由の一つです。

    長瀞駅の木造駅舎は、
    明治44年(西暦1911年)9月14日に
    宝登山駅として開業した当時から変わっておらず、
    今もその姿を残しています。


    ちなみにこの駅は、
    関東の駅百選の第1回選定駅に選ばれました。


    長瀞駅正面に見える鳥居
    ※写真にボケあり


    駅の正面方向に見える鳥居ですが、
    その向こうにあるのは宝登山神社への参道です。

    山の麓にある宝登山神社のほか、
    山の上には宝登山神社の奥宮があり、
    そこを参拝するには宝登山ロープウェイに乗るか、
    登山道を歩いていくかの2つの方法があります。


    今回の一人旅ではそちらへは向かわず、
    荒川のある方向へ歩いていきました。


    長瀞駅の隣にある踏切
    ※写真にボケあり


    踏切の向こう側にあるのは、岩畳通り商店街

    長瀞駅を訪れようと思ったのは、
    実はこの岩畳通り商店街がきっかけだったりします。


    2年前に秩父鉄道に乗った時に、
    車窓から眺める景色の中、
    長瀞駅を通過する最中気になって仕方なかったのが、
    この商店街でした。



    素朴な雰囲気を放つ、
    田舎の佇まいのお店が建ち並んだ光景に、
    是非行ってみたいと思ったわけです。


    岩畳通り商店街自体は線路の東西両側にあり、
    僕が歩いたのは東側。

    この時の映像は、Youtubeにアップしています。→ "長瀞駅の川下り乗り場へ一人旅"の動画

    写真については、
    何故かほとんど取っていませんでした(涙)
    前回の銚子観光と同じく、
    ビデオ撮影に集中し過ぎたかも・・・


    下に掲載しているのは、残っていた貴重な一枚です。


    岩畳通り商店街の景色


    落ち着いた佇まいの通りに、奥に見える自然の景色・・・
    おもわず、日本はいいなあと感慨にひたりました(^^)

    緑が見える方向へ歩いていくと、
    そこには川沿いに船が止まっている光景が。


    長瀞ライン下りの船乗り場


    ここは、長瀞ライン下りの船乗り場です。
    写真中央からちょっと左寄りに映っている小屋で、
    乗車券を買うことが出来ます。


    荒川沿いの自然


    長瀞ライン下りの船乗り場の周囲


    船乗り場から岩だたみ通り商店街への階段


    荒川沿いの長瀞岩畳
    ※写真にボケあり


    実は長瀞ライン下りについて、
    ここを訪問した時点で予備知識はありませんでした。

    現地で宣伝の看板を見て急きょ、
    ライン下りを体験することに決定。


    事前予約でないと乗れないわけでなかったのが、
    幸運でしたね。


    ライン下り中の映像は残っていないので、
    こちらを参照願いますm(__)m → Youtubeで"長瀞ライン下り"を検索


    長瀞ライン下りの船降り場の光景
    ※写真にボケあり


    ライン下りを終えた光景。
    ここからどうやって戻るか思案していたところ、
    普通に目の前で送迎バスが出ていたので、
    それに乗って長瀞駅へリターン。


    船降り場から長瀞駅へ向かうバスの車窓
    ※写真にボケあり


    バスの中、ライン下りの余韻に浸りながら、
    車窓からの風景を一枚撮影。
    鉄道に乗っているときとは、
    また少し違った気分でしたね。


    この後、長瀞駅に戻り、
    再び秩父鉄道に乗りました。
    次の目的地は、秩父駅です。


    次回に続きますm(__)m




    大きな地図で見る




    ■長瀞で人気のある宿



    長瀞 花のおもてなし 長生館





    HOTEL CITY PLAZA 寄居





    秩父長瀞 満天の星と大展望の宿 いこいの村ヘリテイジ美の山



    → 長瀞での他の宿を探す





    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    No title

    ともろくありがとうございます~
    ちち鉄はまだ乗ってないんですよ~
    西武のほうは乗ったんですが。。。長瀞はバスでそこまで行ってライン下りして帰ってくるっていうツアーに昔行った記憶が。。w
    小さい商店街やさびれたアーケード 大好きですw
    地元ならではの物を買いたくなるんだけど 生ものとか野菜だとどうしようもなくてw
    醤油や味噌も現地色が強いのでチェックはするんだけど重いのでなかなか買えないんですよねぇ。。。

    2013-03-05 21:18 | from ばるさろ

    返信 to ばるさろ さん

    秩父はなんか、僕を夢中にさせる気配があるんですよね(^_^)

    商店街での買い物は、確かに生ものや重いものは難しいですね。
    特に今回紹介するような長期旅行では・・・
    さらに、買ったとしても、調理に困りそうです(汗)
    料理は得意でないんで・・・

    2013-03-06 19:57 | from おかぴ~

    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/21-3f1833fa


    スポンサーリンク