銚子電鉄と町の風景 - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    銚子電鉄と町の風景


    銚子電鉄へ一人旅


    旅の初日は小湊鐵道といすみ鉄道に乗って
    沿線風景を満喫。

    その後、東へと列車で移動し、銚子市に到着。

    晩は、銚子駅近くのホテルに宿泊いたしました。
     
    2012年秋の10泊11日-鉄道一人旅、第2回目。
    旅の2日目となります。



    長期旅行とあって
    ホテル代を節約する必要があったため、、
    予約段階でお手頃価格の宿泊施設を探したのですが、
    銚子ではそういったビジネスホテルが
    ほとんどなかったんですよね・・・


     
    じゃらんで探し、銚子駅の近くにあるホテルを
    なんとか見つけました(苦笑)




    かもめホテル


    カウンターにいたおじさん(オーナーさんかな?)には
    親切にしてもらいました(^^)

    一階のパソコンで調べ物をする際に
    無線LANの設定を訪ねたり、
    銚子のパンフレットをいただいたり・・・
    ビジネスホテル系の割にはアットホームでよかったですね~。


    2日目は銚子の観光です。
    この日はビデオ撮影に専念していたため、
    写真の量が7枚と少なめ。


    そんなわけで、
    写真に写っていない景色は
    ビデオの方を見て頂くことになります。


    また、参考までにwikipediaの写真も
    いくつか紹介しておきました。

    ・・・外部のデータに頼るのは心苦しいですが。


    パブリックドメインで公開されている写真は
    そのまま表示し、
    クリエイティブコモンズの
    ライセンス形態をとっている写真は
    その下にクレジット表記致します。



    朝の6時台にホテルをチェックアウト。
    銚子駅の駅前から続く通りを北へと
    散歩していきます。


    利根川と銚子大橋


    数分も歩けば、利根川に到着。
    個人的に、結構な川幅があると思いましたね。


    北西の方向には銚子大橋が見えます。
    この撮影している場所にはベンチもあるので、
    風に吹かれながらぼ~っと川を眺めるのも
    いいのではないでしょうか。



    銚子駅へ向かう通り


    振り返って、銚子駅のある南方向の景色。

    銚子かもめホテルはこの通りの左側にあり、
    ねずみ色のビルの手前にある、
    屋上に柵のある建物です。

    見ての通り、
    利根川からそれほど離れていません。


    利根川のベンチで数分ほど、
    のんびりとした時間が経過。
    早朝に散歩してみるのも気持ちいいなあと、
    旅のひとときの感慨にふけったり(^_^;)



    数分後。
    再び通りに戻って、銚子駅へと歩いていきました。
    本日お目当ての銚子電鉄に乗車するためです。 → "銚子電鉄へ一人旅"の動画


    今回の一人旅で、
    銚子電鉄は終点の外川駅まで乗車し、
    そこから折り返して銚子駅に戻ってくると
    いう乗り方をしました。


    片道で20分、往復で44分(外川駅での停車時間含む)と、
    本当に短い路線でしたね・・・


    車窓からの風景は、のどかなものでした。


    ※以下の写真は自分で撮影したものではなく、
     外部サイトからの引用ですm(__)m


    郊外の畑の中を走る電車


    犬吠駅付近を走る電車


    (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


    通学の時間帯だったこともあって
    学生が多く乗っていたほか、
    地元のおばちゃんなども乗っていました。

    生活の基盤になってるんだなあと実感。


    車内でビデオや写真を撮るのは
    かなり気が引けたたため、
    その時の記録映像は残っていません・・・
    申し訳ないですm(__)m



    往復して銚子駅に戻ったあとは、
    レンタサイクルにて銚子を移動。
    最初に向かったのが、仲ノ町駅です。


    ※以下の写真は自分で撮影したものではなく、
     外部サイトからの引用ですm(__)m


    仲ノ町駅の駅舎
    作者:Filler    原典:投稿者自身による作品
    作品タイトル:Nakanocho Station on the Choshi Electric Railway in Chiba Prefecture, Japan
    URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:
    Nakanocho_sta.jpg

    クリエイティブコモンズ 表示-継承 (CC BY-SA 3.0) (CC BY-SA 2.1 JP)



    仲ノ町車庫
    作者:ja:user:地理さん    原典:ja:File:仲之町車庫.jpg
    作品タイトル:銚子電鉄仲ノ町車庫
    URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:
    Nakanocho_20070116_.jpg

    クリエイティブコモンズ 表示-継承 (CC BY-SA 3.0)



    (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


    この仲ノ町駅は、
    銚子電気鉄道の本社も同居している模様。

    ちなみに、
    あの有名な「ぬれ煎餅」の
    通販申し込みが集中した場合は、
    室内が段ボールで埋め尽くされることが
    あるそうな(汗)



    たくさん売れるのはいいことですが、
    大変そうですね・・・


    観光シーズンはよく売れるため、
    社員も駅構内の工場で深夜まで「ぬれ煎餅」を
    焼いているとのこと。


    仲ノ町駅のあとは、観音駅です。


    観音駅の駅舎


    フォーカスがずれて若干ぼけた写真ですが、
    なかなかおしゃれな駅舎であることがわかります。


    また、この観音駅ではたい焼きが売られており、
    たい焼きの中身は、餡子とクリームの2種類とのこと。
    外観だけでなく、味覚も楽しめます(^^)

    このたい焼きは電話での事前注文が可能で、
    注文個数と乗車時刻を連絡しておくと、
    観音駅のホームにて駅員が電車まで
    たい焼きを届けてくれる
    みたいです。

    なかなか味のあるサービスですね。


    この後は本銚子駅に寄りました。


    ※以下の写真は自分で撮影したものではなく、
     外部サイトからの引用ですm(__)m


    本銚子駅の駅舎
    作者:Filler    原典:投稿者自身による作品
    作品タイトル:本銚子駅
    URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:
    Motochoshi_sta.jpg

    クリエイティブコモンズ 表示-継承 (CC BY-SA 3.0) (CC BY-SA 2.1 JP)



    (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


    本銚子駅はその木造駅舎もさることながら、
    すぐ近くの橋からの眺めも抜群。

    木々の間を走り去っていく電車に、
    思わず見入ってしまいまいした・・・ → "銚子電鉄へ一人旅"の動画


    本銚子駅の次にある4つの駅舎は
    寄らなかったのですが、
    参考までに写真へのリンクを紹介しておきますm(__)m


    笠上黒生駅、 西海鹿島駅、 海鹿島駅
    君ヶ浜駅(アーチの無くなった駅入口)
    君ヶ浜駅(アーチがあった頃の駅入口)

    (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


    君ヶ浜駅の待合室とアーチは老朽化のため、
    平成19年(西暦2007年)2月21日撤去されたようです。


    travel0220_R.jpg


    travel0221_R.jpg


    途中から、
    県道254号線に沿って海岸沿いに
    移動していきました。

    海鹿島海水浴場や君ケ浜しおさい公園を
    眺めながら、自転車で南下。

    そのうち、視界には犬吠埼灯台が現れます。 → "銚子電鉄へ一人旅"の動画


    犬吠埼灯台のある丘を登り、
    そのあと長崎海水浴場を少し過ぎていった辺りで
    県道254号線を右に外れると、
    その先には犬吠駅‎が。


    犬吠駅‎の駅舎と駅前広場


    この犬吠駅‎は、
    他の駅に比べて立派な造りとなっています。

    ポルトガルの宮殿風建築で、
    平成9年(西暦1997年)には関東の駅百選に
    選ばれました。


    駅舎の中では「ぬれ煎餅」が売られおり、
    しかも焼き立てのものを食べることが出来ます。

    僕も頂きましたが、
    柔らかさとサクサク感の入り混じった食感が
    おいしかったですね^^

    ぬれ煎餅を頂いて、
    最後に終着駅である外川駅へ。

    この外川駅は、
    いくつかのドラマのロケで使われている、
    趣のある木造駅舎です。


    ※以下の写真は自分で撮影したものではなく、
     外部サイトからの引用ですm(__)m


    外川駅の駅舎
    作者:Filler    原典:投稿者自身による作品
    作品タイトル:Tokawa Station, the terminus of the Choshi Electric Railway
    URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:
    Tokawa_sta.jpg

    クリエイティブコモンズ 表示-継承 (CC BY-SA 3.0) (CC BY-SA 2.1 JP)



    外川駅のホーム
    作者:ja:user:Laurel04spl    原典:ja:File:外川駅ホーム.JPG
    作品タイトル:外川駅ホーム
    URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:
    Choshi_DeHa_801_Tokawa_20080323.JPG

    クリエイティブコモンズ 表示-継承 (CC BY-SA 3.0)


    (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


    また、趣があるのは駅舎だけではなく、
    その近くの住宅地もそうですね。

    昭和のレトロな雰囲気を残しており、
    なかなか散策のし甲斐がありました。



    ・・・人の目を気にして、
    撮影は出来ませんでしたが(汗)
    もったいなかったです・・・


    回ろうと思ったところは回ったため、
    この後は銚子駅に戻るため自転車をこいで
    県道244号線を北上していきました。


    途中、蜂に遭遇して
    自転車のバランスを崩すなど
    ハプニングがありました
    が、無事(?)に銚子駅へ到着。


    銚子駅の駅前


    銚子観光は以上となります。


    昼ごろには、JR成田線に乗って
    西へと向かいました。

    この後、2日目については
    あまり紹介すべきものがなかったので、
    3日目からの内容となります。


    次回に続きますm(__)m



    <2013年2月1日にあったニュース>

    今回紹介した銚子電鉄ですが、
    2013年2月1日に自主再建を断念し、
    市などに支援要請しました


    原因は東日本大震災による風評被害で、
    観光客が減少したためです。


    まさか、東日本大震災の影響が
    こんなところに現れるとは思ってもみませんでした・・・
    すぐに銚子電鉄が
    なくなってしまうわけではないのですが・・・


    この鉄道をなくしてしまうのは、
    忍びないと思います。


    ですので、この銚子電鉄に魅力を感じてくださる方は、
    是非この鉄道を訪れてください。
    僕もいつか、また訪れたいと思っています。


    それではm(__)m




    大きな地図で見る


    大きな地図で見る




    ■銚子で人気のある宿



    犬吠埼温泉 海辺のくつろぎの宿 ぎょうけい館





    犬吠埼観光ホテル





    別邸 海と森



    → 銚子での他の宿を探す





    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    No title

    レンタサイクルいいですねぇ~
    オレはいつか北海道で輪行したいなぁと思ってますよ!
    銚子駅周辺はオレもうろうろしました 利根川のあたりの市場付近でサンマを食べたのですが。。。震災の被害の写真等が置いてあって 震災復興への協力を呼びかけてましたね。。
    駅舎好きなので 味のある駅舎がなくなってしまうのは残念です(;´д` ) トホホ 鉄道に限らず行けるときは行っておかないと。。。って思いますね。。

    2013-03-03 13:10 | from ばるさろ

    返信 to ばるさろ さん

    レンタサイクルは移動経路が自由なので、臨機応変に行動できます。
    僕は北海道を輪行したことはないですが、気持ちいいでしょうね(^_^)
    ただし、北の大地は広いです・・・

    2013-03-04 20:22 | from おかぴ~

    写真表示

    クリエイティブコモンズのライセンス形態をとっている外部の写真を、クレジット表記ありで表示させました。
    銚子電鉄の雰囲気がよりわかると思います。

    2013-03-04 22:36 | from おかぴ~

    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/20-e2e8b0cc


    スポンサーリンク