夕暮れ時のメルヘン通りをぶらり。そのまま南小樽駅へ - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    夕暮れ時のメルヘン通りをぶらり。そのまま南小樽駅へ

    夕暮れ時のメルヘン通り
    夕暮れ時のメルヘン通り


    ブログの方では、まだまだ去年のネタが残っております( ̄▽ ̄)
    今回は観光都市「小樽」の、メルヘン通りから南小樽駅までについて。

    メルヘン通りはともかく、南小樽駅はなんとも微妙なチョイスです(^^;
    あと、残っている写真もこの辺り全シーンを網羅しているわけではありません・・・

    そこら辺はどうかご容赦願いますm(__)m
     
     
    日が落ちていくメルヘン通り


    記事トップの写真と同じ方角を撮影。
    こちらは距離感のある写真ですが、バス停が写ってないことからもわかる通り、実はトップの写真より前方を写しています。

    まあ、トップ写真が望遠レンズ、その次の写真が広角レンズで撮ってますからね~
    同じような範囲を映しても、ズームによってここまで見え方が変わります( ̄▽ ̄)


    カメラを構えながら、南小樽駅を目指して歩いていきます。


    メルヘン通りから分岐する小道


    進行方向の右側にある小道をちょっと撮影。時間帯もあって、物寂しい佇まいの通りです。
    まあ、メインの通りでないので、昼間でも人通りは少ないんですが。


    ルタオ本店のタワー


    反対側に目を向けると、そこにはルタオ本店があります。
    残念ながら、建物全体の写真は残っておりません(苦笑)

    建物の上部にはタワーがあり、このメルヘン通りのシンボル的な存在です。


    南小樽駅へと向かうので、目の前にあるメルヘン交差点を渡ります。


    小樽オルゴール堂「からくり動物園」


    メルヘン交差点を渡ったところにある小樽オルゴール堂「からくり動物園」
    白い木造の建物が、とてもレトロでロマンあふれています。

    ここは動物雑貨の専門ショップ、動物のぬいぐるみがたくさん置かれています。
    営業時間は9時~18時なので、当然ながら閉店しておりました。


    三本木急坂


    南小樽駅へ通じる三本木急坂を登っていきます。


    海陽亭への通り道


    三本木急坂を上る途中、左側に見える海陽亭への道。
    とても上質な雰囲気が感じられるものの、この時間帯だと暗くて行きづらいです(笑)


    木々の緑の奥に見える海陽亭


    海陽亭は懐石・会席料理の店舗で、昔ながらの日本の建物といった佇まい。
    営業時間は10時~16時なので、ここを通った時間帯だとすでに営業終了の状態です。

    ・・・まあ営業時間帯でも、僕の懐具合だとここの料理は厳しいですが(;´∀`)


    日暮れにおける小樽の下り坂


    坂を上りきったところで、南小樽駅とは反対の坂道をパシャリ。
    海側へと下っていく道と、奥に見える石狩湾からは、どことなく情緒が感じられました・・・

    まさに、港町の醍醐味と言えます。


    あと少し歩いたら、南小樽駅が見えてきます。


    南小樽駅ホームの小樽築港駅方面


    さて、南小樽駅へと到着したのですが、すぐには駅舎に入らず、橋の上から小樽築港駅方面のホームを撮影。
    ちょうど小樽行きの列車が、ホームへと向かってくるところでした。

    日暮れということで、空の色合いが薄っすらといい感じ。


    南小樽駅の駅舎
    ※この南小樽駅の写真は、後日に補足のため撮影しました


    帰りの列車に乗るため、南小樽駅へ。
    駅舎の正面には、セブンイレブンがこれでもかと目立ちますw

    まあ、利用者側としてはとても便利なんですが(^^ゞ

    ちょっと立ち寄って夕食を買い、駅のホームへと直行です。


    南小樽駅ホームの小樽駅方面


    ホームにやってくる札幌行きの列車


    夜が近づいてくる中、南小樽駅のホームに札幌行きの列車がやってきました。
    18時台なら快速列車があるのですが、この時間帯だと札幌までは普通列車なんですよね(^^;

    この列車に乗って、帰路につきます。


    列車の車窓から見た日本海の夕暮れ


    小樽築港駅を過ぎ、列車は札幌を目指して東へと走っていきますが・・・
    車窓から日本海を眺めてみたら、なんと夕焼けがドラマチックΣ(´∀`;)

    なので、急いでカメラを構え、パシャリと撮影。

    だいぶ暗くなっていたことから、ISO感度をかなり高めに設定せざるを得ませんでした(苦笑)
    ある程度ノイズが乗りながらも、夕焼けの下の日本海が撮れて良かったです(^o^)









    ■小樽エリアで人気の宿泊施設




    天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽





    ホテルノイシュロス小樽





    運河の宿 おたる ふる川



    → 小樽での他の宿を探す





    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    イイ!!

    久々更新ですね~!オレもちょいとおさぼり中ですが、明日あたり書こうかなw
    おかぴーさんの写真を見るたび、北海道の良さが染みて来ます!火灯し頃の北海道って旅人には急に寂しさがぐっと来る時間帯なんですよね。。。特にオレみたいな一人放浪系にとってはw すすきのや旭川の夜の町なら気がまぎれる場所がいっぱいあるけど、小樽のちょっと静かなエリアだと写真を見てるだけでも郷愁が!一人が楽しくて来てる旅なのに人恋しくなっちゃうというかww
    しかし、JR北海道もセブンですか~。ローソンに頑張ってほしかったですねぇwまあ駅中心の便利度が上がるのは乗り鉄にはありがたいけどw
    去年行けなかったから、そろそろ北海道に行きたくてしかたがありません~~

    2016-06-21 23:17 | from ばるさろ

    Re: イイ!!

    コメント返しが遅くなり、恐縮ですm(__)m

    北海道らしい雰囲気が伝わっていただけたなら、幸いです。
    小樽は暗くなると、確かに寂しいですよね~

    一人旅をする際、僕は途中で賑やかな場所を挟んだりします。
    静かな場所や秘境もいいですが、それだけだと流石に寂しくなるんで(笑)

    僕が見かける駅のコンビニはだいたいキオスクですが、南小樽駅は珍しくセブンでした。
    お店の規模が大きいんで、キオスクより便利だと感じますw

    機会を見つけて、また北海道に訪れてみてください(^o^)


    > 久々更新ですね~!オレもちょいとおさぼり中ですが、明日あたり書こうかなw
    > おかぴーさんの写真を見るたび、北海道の良さが染みて来ます!火灯し頃の北海道って旅人には急に寂しさがぐっと来る時間帯なんですよね。。。特にオレみたいな一人放浪系にとってはw すすきのや旭川の夜の町なら気がまぎれる場所がいっぱいあるけど、小樽のちょっと静かなエリアだと写真を見てるだけでも郷愁が!一人が楽しくて来てる旅なのに人恋しくなっちゃうというかww
    > しかし、JR北海道もセブンですか~。ローソンに頑張ってほしかったですねぇwまあ駅中心の便利度が上がるのは乗り鉄にはありがたいけどw
    > 去年行けなかったから、そろそろ北海道に行きたくてしかたがありません~~

    2016-07-06 00:44 | from おかぴー

    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/132-1e3d14dc


    スポンサーリンク