偶然見つけた廃線跡。国鉄の渚滑線「北見滝ノ上駅」に立ち寄る - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    偶然見つけた廃線跡。国鉄の渚滑線「北見滝ノ上駅」に立ち寄る

    北見滝ノ上駅の木造駅舎
    北見滝ノ上駅の木造駅舎


    滝上公園で芝桜を見たあと、引き続きドライブを続行!
    車を走らせて滝上町を移動です。

    すると、車の窓からふと、駅舎の姿を見かけました。

    「ここに鉄道なんてあったっけ・・・?」

    気になったので、立ち寄ってみると・・・
    そこは、廃線となった国鉄路線の駅でした。
     
     
    北見滝ノ上駅の外観正面


    かなり昭和の雰囲気が残る木造駅舎・・・
    おもいっきり僕の好みではないですか(∩´∀`)∩

    ロマンのあるこの駅舎を目にしただけで、来た甲斐があるというものw


    駅舎の前に立っている駅名看板


    この駅は見ての通り、北見滝ノ上駅といいます。
    国鉄時代に運営されていた、渚滑線の駅でした。

    渚滑線は名寄本線の渚滑駅から分岐し、この北見滝ノ上駅まで続いていました。
    昔は滝上町に、鉄道が通っていたんですね~


    1985年(昭和60年)までは、列車が走っていたのですが・・・

    例によって赤字のため、特定地方交通線に指定されました(汗)
    この渚滑線も廃線となってしまい、それと同時に北見滝ノ上駅も廃駅という憂き目に。

    ・・・まあ、赤字ローカル線の定番パターンですね(;´∀`)
    鉄道の存続というのは、とても難しいものだと考えさせられます。


    現在この駅舎は、北見滝ノ上駅舎記念館となっていて、駅舎内部で展示がされています。

    それではさっそく、中を見学でござる~。


    北見滝ノ上駅舎記念館の様子


    駅舎内の様子は、古い時代の味わいが漂っています。
    この昔ながらの雰囲気がたまりません(笑)


    国鉄時代のいろいろな道具


    見ての通り、北見滝ノ上駅舎記念館には国鉄時代のいろいろな道具が展示されています。
    道具の細かい内容はわかりませんが^^;


    駅舎内の風景


    この北見滝ノ上駅が現役だった頃、駅舎内の空間の中央はどうなっていたんでしょうね~
    冬場は暖房器具が置いてあったのかなあ、と想像しちゃいます。


    北見滝ノ上駅の駅員室


    昔はここに駅員さんが働いていたんですよね。
    駅舎が残っていても人がいないことに、どことなく寂しさを覚えずにはいられません。


    渚滑線の運賃表


    もう使われていない運賃表から哀愁を感じてしまうのは、僕の気のせいでしょうか・・・?
    う~ん、眺めていたらどうもセンチメンタルになってしまいました。

    30代のおっさんが、そんなキャラでもないでしょうに(笑)


    ひさしぶりの鉄道成分を満喫したところで、再び車を走らせます。
    次の目的地は、岩尾内湖です(^^)

    それでは!








    ■サロマ・紋別エリアで人気の宿泊施設



    紋別セントラルホテル





    マウレ山荘





    ホテル オホーツクパレス紋別



    →その他の宿を探す




    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    これは!

    これはうなりますねぇ~
    オレぐらいの中途半端な鉄にはぐっと来ますw
    (おそらく本職の人からしたら 知ってて当然なんでしょう。。。w)
    ダッチングマシンやらタブレットやらありますね~
    名寄本線というと紋別のほうに行ってたのは知ってるけど、支線が出てたんですね。北海道は廃線の嵐ですからねぇ。。もう江差線も無いし。。
    石炭火力が見直されてるんだから、復活したら面白いのに。。と思う今日この頃

    2015-07-13 22:06 | from ばるさろ

    Re: これは!

    昔ながらの鉄道の趣を味わいたい方に、
    ピッタリの場所だと思います(^^)

    展示物の内容はその時だとわからず、
    後で調べたりしましたw
    僕は「乗り鉄」や「撮り鉄」なので、
    知識方面はさっぱりなんですよね~

    北海道はいろんな路線が
    「特定地方交通線」に指定されて、
    現在では寂しい限り・・・

    もしJR北海道がこれ以上、
    赤字路線を切り捨てて行ったら、
    函館~札幌近郊~旭川くらいしか
    鉄路が残らないかも。

    かつての路線の復活は、
    確かに夢のような話ですね・・・


    > これはうなりますねぇ~
    > オレぐらいの中途半端な鉄にはぐっと来ますw
    > (おそらく本職の人からしたら 知ってて当然なんでしょう。。。w)
    > ダッチングマシンやらタブレットやらありますね~
    > 名寄本線というと紋別のほうに行ってたのは知ってるけど、支線が出てたんですね。北海道は廃線の嵐ですからねぇ。。もう江差線も無いし。。
    > 石炭火力が見直されてるんだから、復活したら面白いのに。。と思う今日この頃

    2015-07-14 13:28 | from おかぴー

    こんにちは

    ツイッターからきました。

    昭和ナ感じ…
    いいですね!

    応援ポチです。

    2015-07-26 17:52 | from 秀逸「語録集」@秀一

    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/125-991b2b38


    スポンサーリンク