留萌本線に乗って深川駅までリターン - 一人旅の軌跡(旅と鉄道のブログ)

    留萌本線に乗って深川駅までリターン

    峠下駅の光景
    山間の中にある峠下駅


    留萌本線に乗って増毛駅を訪問の続きです。

    折り返しの列車に乗って
    終点の深川駅まで向かいました。

    今回は深川駅までの帰路について触れていきます^^
     
    留萌本線ローカル線なので、
    電車ではなく気動車が使われています。

    気動車はディーゼル機関を動力としていので、
    線路の上には電線がなく
    景観がすっきりしています。


    都市部の鉄道は電化されているのが普通なので、
    都市部でしか鉄道を利用したことがない
    場合は少々驚くかもしれません。

    僕も最初にローカル線に乗った時(JRでなく私鉄ですが)
    戸惑いました^^;


    そんなわけで、
    増毛駅を出発して電車・・・
    じゃなくて、気動車に揺られていきますw


    朱文別駅のホーム


    車窓から見た、朱文別駅のホームです。

    さすがローカル線というべきか、
    ホームは短く足場は板張りで、
    駅舎は奥に見えるように物置小屋のようです(;´∀`)


    恐るべし、ローカル線・・・(汗)


    舎熊駅の駅舎


    舎熊駅の駅舎ですが、
    やはり簡素な建物です・・・

    朱文別駅のよりは若干立派ですね。


    ・・・立派という言葉の使い方が
    間違ってるような気はしますが。


    留萌本線の信砂付近の景色


    上の風景は、
    信砂駅を通過した後に内陸側を見たものです。

    畑と草原、家以外は何もありませんが、
    この景色が旅の良さを感じさせてくれました(*´∀`*)


    留萌本線の風景


    留萌本線の風景


    留萌本線は増毛~留萌の区間が
    海辺に沿っており、
    車窓から海の景色を楽しめます。

    留萌本線の運行本数が多ければ、
    途中下車してみたいものですが・・・


    いかんせん、
    ローカル線は運行本数が少ないため、
    気軽に降りるのは難しいんです(;´Д`)

    ローカル線を利用する際は、
    運行ダイヤを調べておかないと
    痛い目を見ることになります(汗)


    現在、留萌駅を通っているのは
    留萌本線だけですが、
    国鉄時代には羽幌線という路線も
    通っていました。


    留萌本線は留萌から南方面の海辺を
    走っているのに対して、
    羽幌線は北方面へと走っていて
    幌延駅まで行くことが出来ました。


    昭和62年(西暦1987年)に羽幌線が廃止され
    現在のような路線状況になっております。


    鉄道好きとしては、
    乗ってみたかったですね・・・

    とても残念です(´・ω・`)


    留萌駅を過ぎてからは、
    山間に入っていきます。


    峠下駅の光景


    峠下駅は、ちょっとした秘境駅

    かつては有人駅でしたが、
    今では無人駅となっています。

    なかなか雰囲気が出てますが、
    運行ダイヤに余裕があってもさすがに
    ここで降りる度胸はありませんでした(;´∀`)


    留萌本線の山岳地帯の景色


    峠下駅を過ぎた後は、
    なだらかな山の中を森に囲まれながら
    進んでいきます。

    ここら辺が一番、
    秘境っぽいエリアですね。


    恵比島駅の駅舎


    山を抜けた後、恵比島駅へと着きます。

    恵比島駅は、平成11年(西暦1999年)に放送された
    朝の連続テレビ小説「すずらん」の撮影で
    足萌衣駅として使用されました。

    写真に写っている駅舎には、
    足萌衣駅の看板が見えます。


    昭和の雰囲気を持つ木造駅舎
    いいですね~^^

    いつかゆっくりと寄ってみたいです。


    ちなみに、恵比島駅の駅舎は
    この立派な木造駅舎ではなく、
    写真の奥にある隣の小さい建物です。


    写真からだと分かりづらいですが(汗)


    足萌衣駅の駅舎より小さいです^^;

    国鉄ヨ3500形車掌車という車両を
    改造した駅舎なのですが、
    ドラマの撮影で木製の板が張られ、
    今でもそのままになっています。


    恵比島駅を過ぎると、
    後は畑地帯を南下していきます。


    留萌本線のどこか


    のどかな風景がしばらく続き・・・


    深川駅のホーム


    そして、深川駅に到着です!

    数時間ぶりの広い駅で、
    別の意味で落ち着きます(苦笑)


    深川駅の駅舎


    この後、特急スーパーカムイ特急オホーツク
    札幌に帰りました。

    さすがに1年5ヶ月も経っているので、
    どっちだったかは記憶が曖昧です(笑)


    現在の時刻表を調べた限りでは
    特急スーパーカムイだと思うんですが・・・

    当時の特急の運行ダイヤと同じ確証がないので^^;


    今回は北海道のローカル線に触れました。

    多分、今後も触れる機会はあると思います。
    今でも北海道在住なので( ̄▽ ̄)


    以上、留萌本線での一人旅でした。


    それでは、次回にまた!



    大きな地図で見る



    大きな地図で見る




    ■留萌・増毛にある人気の宿



    HOTEL NORTH・i(ホテルノースアイ)





    漁師の宿富丸





    ホテルニューホワイトハウス



    → 留萌・増毛にある他の宿を探す



    関連記事

    スポンサーリンク
     
    コメント
    非公開コメント




    Line@のアカウントでも、旅に関する投稿をしていきます。ぜひ、下記のQRコードをスマホで読み込んで登録してください(^^)


    トラックバック

    http://hitoritabi-kiseki.com/tb.php/10-a27b334a


    スポンサーリンク